オリジナルTシャツの生地の種類

生地と素材

オリジナルTシャツに使用されている代表的な生地として、「スムース編み」、「天竺編み」、「ヘビーウェイト」の3種類あります。スムース編みとは、両面がWニット表面と裏面が一緒の編み方となっているのが特徴です。伸び縮みは強いと言われています。
天竺編みとは、生地の肌触りにざっくり感があって、スムース編みに比べると伸び縮はあまり強くはないという特徴があります。

一般的には5ozから6oz辺りをヘビーウェイトと呼びます。が、スーパーヘビーウェイトと呼ばれている7oz以上の生地などもあるようです。でも、これはあんまり実用的ではないという認識が強く、あまり見かけることはないとされています。この、3種類の生地についてもう少し詳しく見ていくことにしましょう。

スムース編み

生地がしなやかな肌触りがすべすべで、着心地がよく伸び縮が高いという特徴があります。スムース編みのTシャツを裏返してみると、表や裏の編み方が一緒のため、天竺編みのTシャツとの見分けが簡単に出来ます。スムース編みのオリジナルTシャツは着心地や肌触りがとても良いため、女性の方や小さな子供などの敏感肌の方には最適だと言えます。

オリジナルTシャツでは、スムース編みや天竺編みの次に広く使用されているようです。

天竺編み

天竺編みは名のとおり天竺から名づけられたといわれています。天竺はインドを指すようです。天竺編みの生地を使ったオリジナルTシャツはとても軽く薄いため運動がしやすいという特徴があって、人気の一つだといえるでしょう。

天竺編みはオリジナルTシャツにとってはとても相性のいい生地ですが、激しい運動名q度をする場合、ある程度の伸び縮みが必要となるため、あまり激しい運動には向かない生地といえるでしょう。天竺編みの生地は裏表の編み方の違いが、素人に見ても分かるのも特徴の一つといえるでしょう。

ヘビーウェイト

オリジナルTシャツに使われているヘビーウェイトは、名前のとおり他の種類の生地と比べてみると重い素材です。これには、使用されている生地が厚いことと、糸自体にも他のスムース編みや天竺編みと比べると太いことが理由のようです。

でもTシャツに利用される生地なので着ると重いのではと思う方もいるかもしれませんが、着ているだけで重いというようなことはありません。生地自体が厚いので、夏にヘビーウェイトのオリジナルTシャツを着用すると多少暑く感じてしまうこともあるでしょう。これには、通気性が悪いということではなくてあくまで普通のTシャツと比べるとということで、ヘビーウェイトは避けたほうがいいということではありません。

綿100パーセント

一般的にはどの3種類も生地に違いには関係なく、綿100%の素材が主に使用されています。特性上、汗の吸収がよくて丈夫で洗濯もしやすいのでオリジナルTシャツの生地に適しているといえます。

でも、汗の乾きなどが多少遅いというようなことがあるので、汗を出来るだけはやく蒸発させたいと思うのであれば、オリジナルTシャツの素材は科学繊維のポリエステルを生地の素材として使うといいでしょう。ポリエステルは水洗いOKのウォッシャブルスーツなどにも使われていて、水を吸収しにくい繊維なので乾きが早いといわれています。

check

南部せんべいが好き

2018/4/19 更新