. おりT-mode オリジナルTシャツ・クラスTシャツの加工方法

オリジナルTシャツの加工方法

オリジナルTシャツを作るには様々な加工法がいくつかあります。その加工法についてこのページではご紹介していきます。

加工法の種類

インクプリント

最も代表的でポピュラーなプリント方法の1つである、ラバータイプのインクでプリントをすることによって、アイテムの惣菜やカラーに左右されない方法だと言えます。インクも発泡、蛍光や金銀、ラメなどの特殊なインクにも対応できるため、デザインやアレンジも幅広くなります。

大量にプリントをするのに適していて、個数が多い場合など比較的費用が安価なプリント方法だと言えます。水性や油性のインクがあり、多色刷りや繊細なデザインなどでプリントをする場合などは後者を選択することが多いといわれています。

デジタル転写

細かな表現や多彩なグラデーションの表現が出来る上に、洗濯などの色落ちなども少なく、素材の色などに左右されないので、非常に高品質な転写プリントといえます。白地のシートに転写するイメージなどをあらかじめプリントをすることにより、色のついたシャツなどでも表現することが出来、デザインの質が高まります。

色の数が多かったり、イラスト・オールディーズ風なデザインTシャツなどをお考えの方にはおススメなプリント方法です。縁透明製版をする場合などは透明で生地色となります。そして「簡易デジタル転写」は白縁がつくタイプの簡易版ですが、白縁部分にも色をプリントすることが可能なので、生地の色に近いプリントをすることによって擬似的に縁透明に近い感じの表し方も出来ます。

コピー転写

色数を気にせず、手軽にプリントが出来る加工法です。でも、四角のノリ後が残ってしまうので注意です。このプリント加工方法は、白生地のときにとても良いといわれています。プリントの品質は、家庭用プリンターで出力をした場合とほぼ同じレベルです。数少ない場合のプリントなどに適しています。

でも、圧迫着させるので撥水性のものやナイロン系、裏地のある生地などはプリントは不可能です。

フロッキー

植毛のシートをプリント加工して圧迫着させることにより、イラストやロゴなどが厚みのある丈夫なプリントに仕上がる転写プリントの代表的な方法です。よく、ゼッケンやワッペンなどのように使用されていましたが、最近ではTシャツなどにも多く利用されているようです。洗濯などにも強く、インパクトがあるデザインの表現が出来ます。

圧迫着のため、ナイロン系や裏地などのある生地には向かないようです。

ウォッシュ

ウォッシュ加工は、独特な風合いがあり、選択縮みなどを小さく抑えることが出来る加工方法です。ジーンズなどで利用されていますが、最近ではいろいろなアイテムが広く使われ、古着のような幹事を漂わせることの出来る加工方法だと言えます。染めやプリントなどの組み合わせによって、オリジナリティ満載の作品が期待できるでしょう。

ウォッシュの際の注意点として、薄手のTシャツ4.4ozには対応不可能なことと、バイオウォッシュなどをかけても全くいろが 落ちないものもあるようです。また、仕上がりの風合いは一枚一枚異なります。

おすすめWEBサイト 5選




2020/3/5 更新